2006/10/06

あたりまえ。

家に帰ってきたら、
母が居間でH木K子の番組を観てた。
便乗して30分ほど観てみた。


マジ泣きした(笑


以前にH木番組観た時には
一々鼻につく偉そうなオバサンだと思って、
それ以来観ないようにしてたんだけど。


あの人、
言ってる内容はものすごくまともなことを言っている気がする。
(250年生きるとかその辺はアレだけど)


個人レベルのことを見すぎて(よく言えば大事にしすぎて)、
大きなレベルのことを見られなくなっているのが現代なのかしら、なんて思ってしまった。


例えば、
結婚しても、2人の間で何かの食い違いが生じたら離婚するとか。
2人、ってレベルで見れば離婚は当然かもしれないけど、
家庭という単位で見れば子どもが犠牲になるかもしれない。
その子どもが成長していく過程・将来作る家庭で寂しい思いという感覚がズレるかもしれない。
感覚がズレていく人が多ければ、寂しい思いに鈍感な人(あるいは寂しさをごまかす傾向になる人)が増えていくかもしれない。



(※離婚した人・離婚のあった家庭で育った人を差別しようという意図はありません、念のため)
(その人の過去に何があっても、その人の周りがどういう環境であっても、結局その人はその人自身以外の何者でもないと思うので)
(要はどう生きるかということなんだろうなぁ)(言うのは易し)



H木氏の理論を借りればそうすれば国が滅んでいくわけで。
国がどうこうとかはそんなに思わないけど(国家という意識は薄いです;)、

社会が歪んでいく感じは理解できる、と思う。



自分(ら)を大事にした結果、
やっぱり歪みは生じてて、
どんなに「うまくやっている」つもりでも、
それは「うまくやっていく」ことを覚えたに過ぎない。
そして、「うまくやっていく」裏側で、「しなくていい我慢」を覚えて、
また歪みが大きくなっていく。






これは、A日新聞が「ことばのちから」をテーマにしたCMを見たときにも思ったことだけど
(A日のCMはテキトーにググってw)
(見つけられなくて気になった人は言ってくれれば転送しますよ<手元に控えとってあるw)、


当たり前のことを当たり前に大事にすることって結構忘れられていると思う。
だから、当たり前のことを目の前に突きつけられると、ハッとする。



働くとか(これはちょっと耳が痛いが…)(定職じゃないもんな;)
家庭を持つとか
子どもを育てるとか

挨拶するとか
困ってる人がいたら手を貸すとか

別に自分はなくてもいいやーって思う人もいるかもしれないけど、
でもやっぱり、
社会全体からそれがなくなるってナシなものってあるじゃん。


毎日コンビニ飯でもいいやーって思ってても
この世から手料理がなくなるのはナシだろ、的な(何



そーゆーのを、大切にする心を忘れたくない、と思う。

そーゆーものがあって当たり前。
当たり前にあるものって、やっぱり大事だからこそなくならなかったんでしょう。


それがなくなりそうなのが現代ってやつか?
だとしたらここが踏ん張り時ですね?
(自分で言うのもなんだが相当H木氏の影響受けたなコレ…)


まず家族やら友人やらを大事にするトコからだなー。



今週末はできるだけ家族孝行しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/02

娑婆 酒宴 衝動

↑しゃ・しゅ・しょで(笑

途中から長い語りになるので注意!


ここ数日の体調不良・微熱がひとまず治まり、
(多方面にご迷惑を…挽回するぞ!)
(来週一応病院で結果聞いてきます)(多分大丈夫)
久々に娑婆へ。


今日のご用事は高校時代のメンツでの飲み会。
ザ・酒宴。

GS(大学でのサークルです)の合宿の時も思ったけど、
やっぱり気心知れてるメンツはいいですなー。
(もちろん付き合いの浅いの友人ズも大好きじゃ!)
(一歩ずつ気心の知れてる間柄に近づいていくのじゃ・∀・)


自分はこんなにいじられキャラだっただろうか…?と動揺する程の無茶振りの嵐!


……楽しかったよちくしょう!笑
どえむですよ認めますよ いーや屈しねー ぜってー認めねー(何

とにかく楽しかった!!
またまったり飲もうなーヽ(´∀`)ジ




さて。以下長いですよ。

ここんとこずっとチラホラ考えてて、
自分なりの答えが固まりかけてたことがあって、
今日をそれを口にして、
やっとなんか納得がいった。

ひとくくりで言うと将来のことなんだけど。


今までの自分には、妙な保身があったように思う。
形に囚われてて、自分の中にある衝動の正体が何なのかを放り出してた。

っていうのは、
声優になることとか、
養成所に通ってるっていう事実とかに寄りかかって、
その根本にあるものを忘れてたってこと。


声優になりたい人ってのは世の中にごまんといて、なりたい理由もごまん人ごまん色(笑)だと思うんだけど。

自分の場合は「伝えたい」っていうことで。


自分が漫画を読んで泣いたり、
音楽を聴いて元気が出たりするように、
誰かに感情やパワーを伝えたいな、って思ってた。


自分は
言葉が好きで
芝居が好きで
音楽が好きで
漫画もアニメもラジオも好きで


その好きなものたちに関わりながら、
「伝える」ことができる、
そんな職業に就きたくて声優を目指してた。


そんでもって、
行動を起こして専門に通い、養成所に編入もして。
それは自分の中では確固たるモノのはずだったのに、
なんだかずうっと不安定な気がしてた。


でもその不安定さの正体に気付かぬまま数年。
不安定の理由にやっと思い至った。



「伝えたい」気持ちももちろん本物。
でも「伝えたい」衝動よりさらに上に、
もうひとつ衝動がある。
その衝動が、「伝えたい」をぼやけさせてる。


なんかねー、それが、
「問い掛けたい」
だったみたい。
大それたことを言うつもりはないけど、
問い掛けたい相手は
常識とか、人が当たり前に信じているもの全般。



人の立場によって、真実はすれ違う。


みんな頭では理解していても、
実際の場面では自分の目線が中心で、
他の、新しい目線をも持つことは難しい。

偽善とか、そういうまた他者目線の関わる要素もあるしね。


でも難しくても、努めることはできる。
その為に問い掛ける、ってことを、
どうやら自分はしたいらしい。
(今まで、自分が本当に考えなしに、本能的にとってきた行動だけに目を向けると、そうゆうことらしい)
(あ、あと今までに書いた文章とか脚本とかもそういうのが多い)



しかし、伝えることができない人が問い掛けてもただの押し付けだと思うし、問い掛けるには伝える力が必要だと思う。



だから声優を目指してるのは間違いとか言うつもりはないし、今やってる芝居の勉強も頑張る。
今年度中は所属を目指します。


でもそれ以降は一度、養成所や学校に通うのは止めようと思う。
半年か、1年か、もしくはそれ以上か。


働きながら書きたい文章書いて、作りたい曲作って、脚本書いて映像作って。
自分のやりたいことを見直す。
そういう時間を持とうと思う。
ハチクロ風にいえば自分探しの旅ですな笑
もしかしたら知人の芝居心ある人らには協力を仰ぐこともあるやも。


その後はどうするか未定。
またどっかの学校に入るかもしれないし、
それとも舞台芝居してるかもしれないし、
ただのダメなフリーターになってるかもしれない。それは嫌だけど。
(ちなみにニートにはならないよ、働くよ!)


忘れちゃいけないのは声優を目指してるってことじゃなくて、
その中にある衝動のことなんだよな。
養成所って枠の中で安穏としてたらあかんのよ。

声優になるためじゃなくて、
いつか伝えられる、問い掛けられる人になるために。
改めてビャッと目ぇ開けてしゃきっとします。


えーと…
ここまで読んだ人ありがとうお疲れ様です。
長くてゴメン。



マジメな話ばっかしてもつまらない。
バカやってがつがつ笑って、
その裏に思いやりやマジメさがある、っていう人になりたいと思う。
これ理想。
がーんばろ◎

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/26

磨り減るというか

「20060826.mp3」をダウンロード

今日の日記は…
「言葉」のはなし、かなぁ。

真面目な話は…平坦に聞こえるな。やはり話下手です。うぐぐ。

ノープラン一発録りの限界でしょうか。
ちゃんと構成とかメモに書き出してみたらもう少し説得力とかつくかなぁ?

と思いつつ、プランニングするとあざとくなりそうな恐怖…
でもでも、
今度時間のあるときに、同じ話をプランニングバージョンでやってみよっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/21

客に接すると書いて接客

「20060821.mp3」をダウンロード

あー…当たり前のことをタイトルに書いてしまった。反省(笑
そんなわけで声日記2日目です。どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/18

、って言える幸せ。

昨日今日と、なんだかめちゃくちゃ充実してます。
買い物やらショバ代(笑)やらでお金は失ってるけど。

日々充実、って言える、そんな幸せでごじゃりまするよ。

昨日は秋葉ツアー(家電屋のみ・ここポイント)+観劇+マジ語りのコンボ。
今日はスタジオ録音+台詞練習(イイ感じのダメ出しをし合える幸せ)+カラオケ+軽くマジ語りのコンボ。


最近色々迷っててですね~(またかよ)
どんな自分なら自分で好きになれるか、
どんな自分なら自然体で芝居していけるか、
どんな自分なら他の人と触れ合ってて幸せでいられるか、
とかとか、そんなことを考えてたんですが。


金曜夜のレッスンやらその他諸々で色々吹っ切れたかな。
今まで、無理の仕方を間違えてたみたいだわ。
そこで無理してもしゃあないやろってトコで無駄に考えてて、まっすぐに出していい感情を曲げてて。
そんでもって、考えるべき所が欠けてて、ヒネた感情ばっかを肯定してた……んだなぁって、なんだかすとん、って納得できた。


自分がストレートに思うことが全部正しいなんて微塵も思っていないけど。
でも、そんなに頭使わんでも、理論武装して屁理屈捏ねんでも大丈夫だぞ、とか。
自分の感情や勘をもっと大事にして、信用しちゃっていいんだぞ、とか。
自分を信じないと周囲も信じられないぞ、とか。
周囲をもっと信じよう、大事にしよう、とか。
無駄なこと考えて暗い顔するより、吹っ切って笑顔になろう、とか。

言うとキリないけど(苦笑)。

ここで一回、自分的折り返し地点。
性格の変化の方向のベクトルが、こっからまた変わって行く気がします。
ある意味、むかぁしの自分にもう一度近づいていくことになるのかも。

(ら、螺旋的発生原理、だっけ?)
(ぴあじぇ?わろん?だれ?)
(↑このひと心理学科4年生です…)


自分も周囲も大事にする!
無理をするなら、自分と周囲、その両方の為になる無理をする!

んで、できればいつも笑って楽しんで幸せでいたいね。


※)あのねー、性格上、無理しないっていう選択肢はナシらしいわ。
無理しないと落ち着かないらしい(えぇええええ)(貧乏性?)。
で、ここんとこずっと、「無理して我慢して自分は不幸、だから今日も今日とて愚痴らせて頂くわ」みたいな。
そんな所があった気がする。
でもそれは何の為にもなってないし。余計無駄なストレスになってるだけでさ。誰も笑えないし楽しくないし幸せじゃない。

だからそれはやめる。
無理をするなら、自分を含めた誰かが笑えて楽しくなって幸せになる、その為にするべき。

昨日今日は、その新バージョンやまもつとして過ごせた気がする。
このまんま頑張るぞー。
「いい無理」を、笑ってできる人になるぜ。
それで周囲の人と笑い合えてたらきっと幸せだわ、俺。






はー、マジメなこと書くと恥ずかしいわ。
まぁいいか。宣言のようなものですわw

……あぁ、もうすぐ対クロアチア戦ですなぁ。
W杯興味なかったけど、こないだの対オーストラリア戦観たし、その後夢(※その後逆転して5-3で勝つ夢、しかも自分も出場)まで見たし。
今日もがっつり観戦しようかな。
負けてもいいよ。
でも、頑張れぇ!選手も監督もサポーターもお茶の間も頑張れぇえ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/10

カッコイイ

ってなんだろうなー、と、最近思います。

実は昨年度、
GS(大学で入ってた放送系サークル略称)(昨年で無事引退☆)で
役職をやるにあたってイメージしてた「理想」があって、

それは
「顔の横に いつも ♪マークが出てそうな人」
っていうものでした。


発表会やら雑務やらに携わったり、先導する立場になるとき、
自分がそれについていく側だとしたら
楽しそうにやってる人のほうがきっといいだろうなー。
って、なんとなく思ってたので。
(あと、飄々としたイメージがほしかった。なんていうか、こう、軽い感じ?)

そういう「先輩」像がカッコイイな、ってね。実は思ってたんですよ。へへへ。



えー、それを全うできたかっていうと、
表面上取り繕って必死で♪♪って出してた、っていう感じ。


全体で見たら結構ね、カッコ悪くて。
後輩ちゃんから見える面だけでもカッコよくしようってもがいてました。
(それでも、周囲の友人・後輩たちのフォローがあったからこそどうにか取り繕えたんスよ、ありがとう!!)
(いや取り繕えてなかっただろ?と思う人、それはそれで大正解だ!苦笑)


で、サークル引退して。

そろそろ 「俺」自身をカッコよくしたいなー、 なぁんて思ってます。
(※ナルシスト的な意味じゃないよ、そこだけ注意よろしく!)

今までは、サークルでの「番制・アナチー」をカッコよくしてたと思うんすよ。
決して俺自身がカッコよくなってたわけではないんスよ。

サークル引退後の約5ヶ月、養成所が生活の中心になって、
別に誰かを引っ張ったりするポジションでもなく(=必要最低限しか気合を入れてなかったと思う)
周囲の仲間たち(これがまた優しいんだわ、皆)にカッコ悪く愚痴吐いて、
甘えて甘えて、
周りに支えてもらいまくって、
なんかね、もうありがとうお兄ちゃんお姉ちゃんたち、っていう感じですよホント)

なんだか「頑張ってはいるが空回っているダメっ子」キャラ(?)を確立してしまった気がする。




……

………

このままじゃあ、いけないっ!!



とね、そう思う新年度スタートの今日この頃なのです。

そして、
そろそろ、「大人の女のカッコよさ」っていうのを意識していきたいなぁ。などと妄想中。



今までなんとなく「カッコよさ」を意識すると、
なぜだか理想像のイメージっていつも男の子だったんだよねぇ~。
(ホントに理由は分からないんだが)

「○○をやってみよう」と思い、
「どういう風にやってみようか?」「どうやるのがカッコイイ?」って考えて
具体的にイメージを膨らませてみようとするとき、

どーーーーーいう訳かイメージ画像が男の子だった。
イメージ映像の中の台詞の言葉遣いも男の子だった。


例えば小学校でバスケにハマった時、
(上手くなりたいなぁ、じゃあ練習をしなくちゃ)(どんな練習をする?)→想像、ってすると、
そのイメージがね。なぜか。男の子。でした。

……多分。
(既にあいまいだが、少なくとも女の子のイメージではなかったんだよ…)




でもその種類のカッコよさはね、
間もなく22歳を迎える(10日切った…!)女子にはもう向かないと思うんですよ。


正直、未知の世界だよ。
なんだよ「大人の女性のカッコよさ」って!と思う。

でも多分あると思うんだよねぇ、
自分のセンスで「カッコイイ」と思えて、しかも年や性別や自分自身に相応な「カッコよさ」。


そんなわけで、今、カッコよさを模索中です。
未知の世界なので、ちょっと形から入ろうとしてみたりしています。
とりあえず、今さりげに髪伸ばしてるよ(←ホントに形からだ)。
あと、すっぴん率も下げてきた。
服も、外に出る日はちゃんと雰囲気とか考えて着るようにしてる(…んですよ?センスないけど)。


未知の世界だし、自分自身も未知数。


今年は、やれることをやって来年以降に繋げるための年にしたい。
来年は、「学生」っていう身分も外れる(はず!留年したくない!)し、
自由になる=基盤がゆるむってことだから、
その時までに固めるべきものは固めて、
手を出すべきところには出しておきたい。


それを、願わくば カッコよく♪ やりたい。
そう思う4月の夜更けなのでした。

……寝なくちゃ!!もう5時じゃねーかっ!(汗)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/04

思考錯誤→試行錯誤→エンドレス

いきなりですが。
あー、今日の日記は超つまらんかもしれません。
暇な人だけ読むよろし。
(読み物として最低ですな…汗)

さてさて。
今は不良心理学科生なワタクシですが。
高校1年くらいまでは、哲学科に行きたいと思っておりましたw
(そして大阪の大学に行きたいと思っていた)
(関西弁のネイティブになりたいと本気で思っていた)
(でも関西だったら国立じゃないと学費出さないって言われて断念)
(理数系 無理。)


まぁ、倫理の授業に接して、
「倫理=暗記かよっ!」
「めんどくさっ!!」
「横文字の人名が覚えられん!!!」
「昔の人が何を考えたかより、今から自分が何を考えるかが問題だろ!!!!」
って思って、あっさり止めたんですけども。





無駄にぐるんぐるん考えるのが好きでした。

「ぼーっとする時間は無駄な時間かどうか」とか、
答のない問いに自分流の答を出そうとしてみたり。
「寛容は不寛容に対して不寛容である」とかの
自分にとって納得のいかない命題を論破しようとしてみたり
(ちなみに俺アンサー→その「寛容」には気合が足りん!その程度の寛容が寛容なわけねーだろ)。
似たような意味の擬態語・擬声語のニュアンスの違いを妄想してみたり。

まぁそんな日々を過ごして、受験勉強して、大学入って。




大学って、スゴイところですね。
何もかもが目新しくて目まぐるしくて、
スルーすることもしがみつくことも、基本的に自由。
(サークルにしがみつかなかったら、俺なんかあっさり辞めてただろうなw)
(まぁサークル引退した今となっても、意地で卒業する気ですけども)



無駄に何か考えるより前に、飛び込んじゃった方が早え!

で、飛び込んだら、後はひたすら楽しみながら、
障害物をうまくクリアする方法を身につけて、
そん中で、気づいたらなんかアイテムゲットしてたりとか、
レベルアップしてたりとか、
ジョブチェンジしてたりとか……
まぁ、ボス戦で負けたりすることもあるかも知れんけど、
とにかく進むのだ!楽しめばいいのだ!!
大学生でいられるのは4年間しかないのだ!!!

(で、作品締め切り→番組発表会→試験期間→夏休み→番発打ち合わせ→作品→MC→番発→専門学校→以下略、っていう、常にやることやら締め切りやらに追われていた…)
(ちなみに、今も同じ状態ではある。明日までにやることとか、あるね、うん…)




っていう感じ。
無駄に何かぐるぐる考えるっていうヒマは、今まであんまりなかったんじゃないかな。
無駄ぐるぐるは、高校時代の俺には欠かせない趣味(根暗ですねw)の一つだった筈なのになぁ。



でも最近、また、考えなきゃいけないって思うことが色々ある。



進路のこと、表現するってことについても勿論だけど、
人との接し方とか、自分の弱いトコとか、人のいろんな面についてとか、





これもまた昔考えてた沢山のネタたちといっしょで、
特に決まった答なんかなくて、
ひたすらぐるぐるするしかなくて、
多分、感情論以上の答は出せなくて、
……っていう、無駄なものなのかも。




考えるより、とにかく行動して、目の前にある課題を堅実にこなしてった方が、本当はいいんでしょうなぁw
その方が、結果的にはラクだし楽しいし、堅実な分、得る物も無い訳ではないんでしょうなぁww


でも。


無駄に、ぐるんぐるん考えるのが、好きでした。
自己流で自己満な答しか出せなくても、
無駄かも、って自分で思う日があっても、
考えないでいるよりはいいっていうのだけは、何故か一度も疑ったことがないし。
答に届かなくても、考えたら考えただけ、何かは知ることができたと思うので。
まぁ、クサい言い方だと思うけど、考えないよりは、人にやさしくなれるような気もするし。



だから、今回、久々に、
ちゃんと考えようと思います。

(ていうか、今の状況と自分自身を省みて、
それでもなお、ヘラヘラしてるだけでいられるような俺は、
俺が嫌だわ。許さん。)(って、思うんで。)(思わなきゃあかんよ)(うん、そうだぞ?俺よ)(よーしよしそうだ俺)

(でも、ヘラヘラできなくなったらそれはそれでダメ)(ですよねー)


多分ねぇ、普遍的な答はないんよ。
考える前からそれは実は既に分かっておるのじゃ。
その事実を前に、どこまで意地を張れるかとかさ。
そんな部分も実際あるのじゃよ。
で、自分の傾向的に、「俺アンサー」が感情論になることもなんとなく想像がついています。



「気合いと覚悟と心意気じゃあ!」


↑こんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)